GIANTのクロスバイクで片道80kmの旅に行った話

どうもみなさんこんにちは!先日有名な台湾の自転車メーカーであるGIANTさんのクロスバイク「ESCAPE R DISC (NEW 2021)」を購入し、人生初のクロスバイクデビューを果たしました。

最近だと街中でクロスバイク乗っている人増えてきていますよね。通勤・通学で使う方からウーバーイーツの配達員さんまで様々な年代の方が利用しているのを見かけます。

また、コロナウイルスの影響もあって自転車を利用する方が増えてきているそうです。

僕が使う用途としては、近所の買い物に行くときやサイクリングという建前と、副業でウーバーイーツ をするという真の目的があったりします。

今回は80kmという長距離サイクリングをした旅の記録と、実際に初めて乗ってみてどうだったのかについてお話ししていきたいと思います。

①クロスバイクの旅(GO TO 長瀞編)

今回の旅の流れは大まかな流れとしては、埼玉県の越谷市から有名な観光地「長瀞の岩畳」を観光し、旅館で一泊して帰ってくるという形になります。

旅の当日は午前10:00に友人と集合し、出発してから川越の「時の鐘」についたのが12:50で、距離にして約27km。

その後、観光を楽しむ暇もなく必死に自転車を漕ぎまくり、長瀞の岩畳まで到着した頃には17:00になっていました。

途中で道が封鎖されていたり、道に迷ったりで旅館のチェックイン時間に間に合うか分からないギリギリの中、なんとか旅館までたどり着くことができました。

②クロスバイクの長旅をしてみて分かったこと

①お尻が痛くなってくる

②ハンドルを握る手が痛くなってくる

③夏に行くなら水分補給はこまめにとったほうがいい。絶対焼ける。

④そもそも80kmはやりすぎた。40kmくらいが初心者には楽しめると思う。

⑤雨の日の走行はマジで危険。僕は1回吹っ飛んだ。あとスマホは防水がいいかも。

⑥ヘルメットは必ずつけよう。約束だよ。

こんな感じで旅を満喫した僕らでしたが、一応行く前にもっと準備しておいたほうが良かったものについて紹介しておきたいと思います。

準備して良かったもの

それはズバリ、「サイクリングパンツ」です。クロスバイクのサドルってスリムで普通のママチャリに比べて固くなっていることが多いです。そのため、長く乗っているとだんだんお尻が痛くなってきます。その痛みを軽減してくれるのがこの商品な訳です。

Amazonサイト

この青いプニプニした部分がクッションとなり、お尻の痛みを軽減してくれます。サイクリングをした後にお尻が痛いままだとあんまりいい気持ちはしないと思うので、ぜひ準備しておくことをオススメします。

また、サイクリンググローブとヘルメットがあるともっと快適で安全な旅ができたと感じていますし、スピードメーターなんかもあったらもっとサイクリングを楽しめたかなーなんて思ってます。

この辺は今後クロスバイク初心者としては揃えていきたいと考えています。実際に購入して使ってみたレビューなんかも今後更新していきます。

それではまた!

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする